HOME>イチオシ情報>男性のデリケートな悩みと解決方法について
股間を押さえる男性

どんな病気かを知る

ペロニー病とは、男性器が勃起した際に、ペニスが曲がってしまう病気のことです。聞きなれない病気ですが、実は男性の5%が悩んでいると言われており、デリケートな部分の症状故になかなか他人に相談出来ず悩んでいる人も少なくありません。原因は、勃起した際にペニスにしこりが出来てしまっていることです。このしこりを起点として、屈曲ペニスになってしまいます。生まれつきの人もいれば、急に症状が出てしまう人もおり、根本的な原因は良くわかっていません。ペロニー病の症状としては、屈曲していることによって性行が上手くいかないことです。また、それによって精神的に傷ついてしまう男性も少なくありません。ペロニー病の治療方法は手術を行うことです。

具体的な治し方

ペロニー病の治療のための手術は、プリケーション法と呼ばれる方法で行われます。しこり部分に吸収糸をかけて、屈曲部と反対側の陰茎を縮めることで、屈曲ペニスを真っ直ぐにします。簡単な手術のため、手術時代はすぐ終わりますし、痛みもありません。手術直後は、許可が出るまで自慰行為や性行為は控える必要があります。また、手術時に、余剰包皮の切除を行ってくれる場合もありますので、悩んでいる場合はそちらも医師に相談すると良いでしょう。

広告募集中